スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下地

今、野球界とサッカー界を騒がすアジア人がそれぞれいます


野球界は「大谷翔平」

サッカー界は「ソンフンミン」


大谷選手は投手と打者の二刀流というまるで漫画のような(漫画以上!?)選手で、今年も投手として10勝&打者として本塁打20本以上というとんでもないことをしてくれました

ソン選手はサッカー界最高峰のイングランドプレミアリーグで、5試合5得点と現在2位のチームを引っ張っています



大谷選手を調べてみると

「入部後は監督の佐々木洋の「まだ骨が成長段階にある。1年夏までは野手として起用して、ゆっくり成長の階段を昇らせる」という方針により」



ソン選手を調べてみると

「父ソン・ウンジョンは、韓国では主流の結果重視の指導とは異なり、試合の勝敗にはあまりこだわらず、パスやドリブルなどの基本的な動きを、集中的に身につけさせる指導を行っていた。」



ゆっくり成長の階段を昇らせる

結果重視の指導とは異なり基本的な動きを、集中的に身につけさせる



やっぱり・・・
キーワードは「身体(内面の成熟度)の成長に合わせて」「無理なく」ですね

早けりゃいいってもんじゃないことを体現してくれています



調べてみて、「下地」の重要性を強く実感しました



「子どもの成長段階に合わせた指導」  僕のような教育に携わる者を筆頭に大人は肝に銘じるべきかと
プロフィール

基礎最強

Author:基礎最強

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。